読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジュラシックワールド4D

映画評
先週末に六本木ヒルズのTOHOシネマズでジュラシックワールド4Dを見てきました。

この映画の4D、大人気なのでチケットがあっという間に売り切れます

2日前の0時から購入可能なので、PCの前でスタンバイしていたんですが、18:30の回はすぐに売り切れ、21:30からの回も最前列の席のみが買えたという人気っぷり。

金曜日だったからかもしれませんね。月曜日の会とかならそんなでもないのかも。


どのへんが4Dなのかは、TOHOシネマズのサイトに詳しく書いてあります。


効果の1つでシートが揺れますが、揺れるといっても、気持ち悪くなるほとではなかったです。ディズニーランドの新スターツアーズの方がシートが揺れます!(笑)

ただシートの揺れは、何パターンもあるし、水に飛び込むシーンとかで実際に水しぶきがかかってきたりするのが面白いです。


他の観客もびっくりしていたのが、実際に変な匂いが漂ってきたりするところ。「本当に臭い!」


料金は3000円以上とお高いですが、観に行ってみるだけの価値はありそうです。


肝心のストーリーはと言うと、、、


ネタバレになるので書きませんが、ちょっとあの後半の展開はないかなーと、、、。

やっぱりストーリー自体は、1作目が一番いいですね。

一番ダメダメなのは2作目なので、それよりはましだと思いますが。

ちなみに2作目は映画と小説は全然ストーリーが違うとか。

やっぱり2作目もマイケル・クライトンが書いた原作のほうが面白いのかな。


調べてみたらもう紙の本は絶版、、。もう20年近く前の本だし、そりゃそうか、、、。


それにしてもこのジュラシックパークの最初の映画がもう20年前なんて、、。