読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ヴィヴィアン・マイヤーを探して

映画評

[映画評] ヴィヴィアン・マイヤーを探して

少し前に映画「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」をシアター・イメージフォーラムに観に行きました。

撮る方でも、観る方でも写真好きならオススメです!


生前は全く作品を公表することすらなかったヴィヴィアン・マイヤーですが、彼女が切り取る、街が見せる1瞬の表情、被写体との距離感、見る人を引きつける構図。

とにかくどれも素晴らしい作品です。

作中でも彼女の作品が紹介されますが、どれも素晴らしすぎて、自分の才能の無さを思い知らされました。

写真撮るのなんて辞めちゃおうかな、、と思ったくらい。

辞めないけど、、。

あらすじ

この映画の監督ジョン・マルーフは、地元シカゴの本を執筆中、資料探しのため古いネガを集めていた。2007年にオークションで手に入れたのは、箱いっぱいのヴィヴィアン・マイヤーのネガ。

この時の写真が彼の本に使われることはなかったが、素晴らしい作品であることを確信したジョンは、ウェブサイトでヴィヴィアンの作品を公開し始める。

瞬く間に公開した彼女の作品には注目が集まるが、ヴィヴィアン・マイヤーが一体誰なのか?ほとんど手がかりはない。

やっと彼女の親族にたどり着き、彼女が使っていた倉庫に眠るさらに大量のネガ、私物も一緒に手にする。

彼女の撮影枚数はなんと15万枚。まったく公開される事のなかった写真達。彼女は写真を公開されることを望んでいたのだろうか?

ジョンは悩む。

彼女の残した大量の私物の中から見つかった1通の手紙。その手紙が彼女が自分の作品をどうしたかったのかを明らかにする、、、。

とあらすじはこんな感じです。映画はほとんどインタビューによって構成されています。

見どころ

ヴィヴィアン・マイヤーを知っている人達が、彼女がどんな人だったかをインタビュー中で伝えているのですが、その描写が人によってバラバラです。

ある人は彼女のフランス訛りは完璧だったといい、ある人はあれはわざとだと言います。

写真にしても、ある人は彼女が写真を撮っているなんて全く知らなかったと言い、ある人はどこに行くにもカメラを首から下げていたと。

撮影スタイルにしても、彼女は一瞬で撮っていて、出会いざまに人を撮るもんだから喧嘩寸前だったといい、ある人はわざわざお願いしてポースを色々支持して撮影していたと、、。

名前ですら偽名を使っていたと言います。

1つだけ共通しているのは"She was eccentric" 変わり者だったという事

その変わり者が撮った写真、素晴らしいんです。是非映像で見てください。

写真集も出てますね。

買うと思います。

Vivian Maier: Street Photographer 

なんとAmazonのPhotography Collections部門1位!! 



Amazonへのリンクはこちら


撮影枚数15万枚、、、すべてフィルムですよ。

自分なんてデジタルでもまだこの枚数取っていない気がします。

こんど数えてみようかと思います、、。