読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傍観者

刑事コロンボでは視聴者は全くの傍観者である。

殺人のトリックは全て知っている。知っていてコロンボがどのように解き明かすか?に引き込まれる。謎を解くのではなく、完璧に思えるトリックをとう崩していくかが鍵。


容疑者Xの献身


容疑者Xの献身も、読み進めていくと、まさにその感触。自分は謎を全て知っていると思っている。ところが終盤、謎は全く解けていなかったことに気付く。

何が起こったのか知っているようで知らなかった。

「思い込みによる盲点を突く」とは主人公石神の言葉。まさにその通り。

直木賞にふさわしい作品。