週末起業 可能な人はこの本など必要ない

自分が会社を立ち上げようと思っているので読んだ本。

といっても投資会社を立ち上げるための、踏み石としてまずは起業したいのだが。

結論から言うと、起業するためのノウハウなど存在しないということ。

これから起業するためには、この世の中にまだないサービスであり、コンテンツであり、時流にいかにのるかであって、ノウハウではない。

それができる人つまり起業が可能な人は、余計この本は必要ではない。

税金対策などの細かいノウハウは後からいくらでも間にあう気がする。

結局突き詰めないと、プロにはなれないんですよ。なので、この本で価値があると思えたの以下の4行だけ。

・お金をはらってでもやりたいことは何だろう
・一晩くらい寝なくてもできることは何だろう
・これまでにもっともお金をつかってきたことは何だろう
・2時間ぶっとおしで話し続けられることは何だろう

起業はね、できますよ。でも情熱が必要です。