読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィルム現像を自分でやってみた

東京オルタナ写真部のアナログ写真ワークショップの講習の中で、フィルム現像を自分でやってきました。

 

注)モノクロフィルムです。

 

フィルムの現像で重要なのは、現像時間と攪拌方法。

 

この2つはフィルムと現像液の組み合わせ毎に違います。

 

Siver Saltのwebsiteで調べることが出来ます。

 

例えば、現像液をAdox Rodinal フィルムをSilvermaxで検索すると、

 

時間12min

 

攪拌は30/60/3

 

です。

 

時間の方は簡単で、現像液に浸している時間が12minということ。

 

攪拌の30/60/3はどういう意味ですかね、、、?

 

ちゃんと解説しているサイトがあまりないので、こちらで説明しておきます。

 

30/60/3の意味ですが、最初に30秒攪拌、その後60秒毎に3回攪拌。という意味です。

 

つまり

 

1.初回攪拌時間(秒) / 2.その後の攪拌間隔(秒) / 3. 2の間隔毎の攪拌回数

 

ということです。初めてこの数字を見る人にはナンノコッチャですね。

 

※ 3の攪拌回数は10秒くらいかけて実施する。速すぎても、遅すぎてもダメ。