現像済フィルムの保管方法をできるだけ簡単に改善してみる

現像済フィルムの保管方法をできるだけ簡単に改善するにはどうすればいいのか?

 

例えば、実家に帰って昔のフィルムを見ると、かなり退色してしまっていたり、フィルムがくるくると丸まっていたりしします。

 

これを考えると、普通に現像ショップが使っている、FUJICOLORの乳白色ネガシート(フィルムスリーブといいます)に現像済フィルムを入れ続けるのはまずいような気がします。

 

ウェブで検索すると、保管方法について熱く語っている個人の方のBlog記事などいろいろ情報があるんですが、肝心な保管用品をどこで買えるのか?という情報がありません。

 

自分も実際に購入するまでかなり時間がかかったので、皆さんのお役にたてばと思います。

 

まずどんな素材が保管に適しているのかというと、正確にはPAT(Photographic Activity Test)という規格に合格した保管用にを使うと良いらしいのです。例えばネガシートの場合は、ポリエステル製がいいとか。

 

  FUJICOLORのネガシートは、ポリエチレン製のようです

 

ところが、これにあった製品がなかなか売ってない!!Amazonとかヨドバシだと売ってないし、素材も明記がない、、、。

 

検討の結果、普通に手に入れることが出来、保管用の素材としても安心できるモノはなにか?という質問の答えは、ひとまずの結論としては、『紙製品を使おう!』です

 

紙は通気性がいいのでフィルムから発生するガスも逃げることが出来ますし、フィルムとくっついてしまうこともありません。密閉できるバインダーもあるので、中に乾燥剤をいれて通気の良いところに置くか、防湿庫の中に入れておけば湿気もある程度大丈夫でしょう。

 

肝心のこの基準に適合する製品ですがこちらです。

 

紙製フィルムスリーブ

Silver Salt - paper film sleeve.

ペルガミン紙 120用 100枚 Pergamin 6x7 100pcs [PERG6x7-100] - 2,400円 : Silversalt - Your Analog Specialist

 

ヨドバシカメラとか他のオンラインショップで売っているのってみんなプラスチック製品なんですよね。紙製はここ以外では見つかりませんでした。

 

ちなみに、ネガシートとかスリーブとか保管袋とか製品によって名称がバラバラで名前が統一されてません。 

 

紙製リングバインダー

CXD-Japan Online Shop

CXD-Japan Online Shop / タイムケア・ライブラリー リングバインダー・ボックス 1.3ミリ厚

 

この紙製リングバインダーですが、取り扱っている店がなかなかありません。

銀座の伊東屋にいって店員さんにも聞いてみましたが、取り扱っていませんでした。

 

紙製フィルムスリーブが2400円で、リングバンダーが3000円くらいなので、大体6000円くらいで、フィルム保管方法を改善出来ます。

 

実際に使ってみた様子はこちら

f:id:divinglife:20170226102107j:plain