読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気を出して初めての一人でセルフフィルム現像

フィルム現像 フィルムカメラ フィルム撮影

東京オルタナ写真部のワークショップで体験したフィルムのセルフ現像。

 

いよいよ一人で挑戦です。

 

やったことを忘れないようにメモっておきます。

 

細かい手順はおいといて、概要と結果です。

 

【概要】

まずはフィルムと、現像液、定着液について。

  • フィルム KodakのTMAX400
  • 現像液 Adox FX-39, 20℃, 1+9で希釈
  • 停止液はただの水
  • 定着液  Adox Adofix Plus, 20℃, 1+9で希釈

現像プロセス

  • 現像 11分 20/60/4
  • 停止   30秒 3/15/3
  • 定着 3分 30/30/3
  • 洗浄 5回、10回、20回撹拌を1回ずつ

20/60/4の数字の意味ですが、まず20秒撹拌、その後60秒毎に、4回撹拌(10秒くらいかける)という意味ですね。

 

【結果】

こんな感じになりました。問題なく現像できてますね。

f:id:divinglife:20170225215106j:plain

 

 

現像のプロセスで重要なのは、最適な現像時間を守ることですが、どこから調べられるかを書いておきます。

 

現像液を購入したSilver SaltのウェブサイトからAdox FX-39を使った現像液の作り方、現像液の温度、撹拌回数を調べます。

 

こちらのリンクから検索可能です。

http://www.silversalt-plus.com/TT/index.php

 

現像液とフィルムを選ぶとこんな結果になるのですが、、

f:id:divinglife:20170316160421p:plain

撹拌の数字がなんのコッチャ?という人向けにもう1回解説しますと。

 

20 現像液投入直後に20秒間撹拌

60 その後60秒毎に撹拌を繰り返す

4  上記の撹拌時に行う撹拌回数は4回

 

という意味ですね。

 

希釈は現像液の説明に書いてあったとおり、1+9(濃縮液+水)です。

この1+9の意味ですが、1:9という割合ではありません。くわしくはこちらの記事を。

http://www.silversalt.jp/index.php?main_page=page&id=2&language=ja

 

Happy Film Processing !!