Lomography LadyGrey400を自家現像

こんにちわ。

 

『枯れた花の写真を撮る』が最近の撮影テーマでして、道端をあるきながら、枯れたり、朽ちかけている花を探している不審者です。

 

表現したいのは、『花は枯れても美しい。』ということ。

 

なんかカッコつけていますが、なかなかこれが難しい。テーマがカッコつけ過ぎなのかもしれませんん、、。

 

ちなみに枯れる、という単語は英語にはなさそう。枯れたを辞書で探しても、Dead が出来きます。いやー死ぬってのはちょっとしっくりこない。日本語の微妙な表現に気付いてしまいました。

 

ということでLomo LC-AにおなじLomoのフィルム、LadyGrey400をつめて近所の枯れかけの花を撮ってきました。

 

f:id:divinglife:20171112162235j:plain

f:id:divinglife:20171112162310j:plain

f:id:divinglife:20171112162333j:plain

f:id:divinglife:20171112162349j:plain

f:id:divinglife:20171112162411j:plain

 

いやー全然うまく撮れてない。というかLomoで近距離+解放だとピント厳しすぎ。

 

スタジオでがっつり撮るのもいいんですが、生々しく枯れてる感をだそうと思って、屋外撮影したんですが、Lomoだと厳しいですね。

 

Nikon F3で再挑戦しようと思います。

 

フィルムの現像レシピはこちら

現像液
 Kodak D-76 希釈1:1 (200+200) 20℃
 10分15秒 20/60/4
停止液
 水 30秒 3/15/3
定着
 ADOX AdFix 3分 30/30/3
洗浄
 5回,10回,20回